屋形船応援サイト-楼船冥伝-へようこそ

屋形船は、日本の文化があざやかに花開いた江戸時代から続く、情緒ある乗り物です。
屋形船は食事等をする船のことで、屋根と座敷が備えられています。
その鮮やかさと華やかさから楼船(ろうせん)とも言われています。
少なくとも20名程度、多くても7〜80名程度の人数で運行されています。

そんな多くの人たちが、同じ船の中で楽しい一時を過ごす。
その一時を求めて屋形船で宴会をしようという気持ちになります。
一番の魅力はそこにあるのではないでしょうか。
屋形船だからこそ味わえる景色の移り変わりや、町並み。
そこで飲む美味しいお酒は文字通り人を「酔わせて」しまうことでしょう。

四季を彩る景色を堪能

春・夏・秋・冬・・・日本が誇る四季、それぞれの季節ごとに、全く違う顔を見せる景色を、
屋形船から外を見て、季節の変化を楽しむ・・・最高の楽しみ方ですね♪
そんな屋形船の乗り方は、あなたの気持ちもウキウキさせてくれるでしょう。
また、船内では、屋形船名物の天ぷらや、豪勢に海産物を使った料理が振舞われます。
そんな屋形船料理の中でも豪華なのは、屋形船の中で実際に作られる、
海産物を贅沢に使った屋形船オリジナルの鍋
冬の寒いときなどに舌鼓を打ってみてください。

  • 春にはお花見・・・
  • 夏には大花火を・・・
  • 秋にはお月見を・・・
  • 色々な町の風景を・・・

川の上の屋形船から覗くことができます。また、宴会だけでなく、パーティーや花のお見合い祭り、観光などにも屋形船は使えます。
どうですか?あなたも屋形船を利用して色々と楽しんでみませんか?('*)

当サイト、楼船冥伝のコンセプト

川を眺めると、提灯の明かりが夕闇を照らし、
水面にもやさしい光が映りこんだ提灯を下げている屋形船を、だれしも一度は、見かけた事があるのではないでしょうか。 そんな屋形船情報をご紹介しています。

屋形船に驚かされるのは、まずその広さ。
まるで、テレビの時代劇に登場するようなイメージの、純和風的な雰囲気を出しています。
江戸時代から続いている屋形船ですが、その頃は小さな船で、2〜3人乗り程で、
現在でいうところの公園の貸しボート程度だったらしいです。
現在の屋形船は、トイレ、またはエアコンもあって、
普通のお座敷と比べても、何の違いはありません。

そして、水面の近さや、窓を開けると、手を窓から伸ばすとすぐに手にかかりそうな、
船のうねりで出来る水しぶき・・
そして、船の上から見る、私たちが普段生活している街の様子・・・
いやでも、日常とは違う異空間に来てしまったような感覚になってきます。
そんな中では、見なれているはずの街の様子が
普段行き慣れている名所の数々が違って見え、
そうした体験は子供の頃に帰ったかのように、感激すらすることでしょう。

当サイトでは、屋形船のことをもっと知って、多くの人に楽しんでもらおうというコンセプトで、
屋形船の楽しみや魅力等、屋形船の情報をご紹介していきます。

recommend

仙台市青葉区のアライ写真舘では、「思い出に残る記念写真」、「入学、就職活動時の履歴書に必要な証明写真」を撮影します。

仙台市で証明写真撮るならアライ写真舘

大阪・本町周辺の法律事務所で弁護士による法律相談を行っております。交通事故等、その実情に鑑みて費用面に配慮致します。自己破産、債務整理、相続等もご相談ください。弁護士の法律相談・交通事故関連の依頼なら大阪市の弁護士法人 御堂筋中央法律事務所へ。

交通事故に強い弁護士

振袖 ヘアスタイル

振袖 ヘアスタイル

contact

管理人:華夜
当サイトで何か問題等ございましたら、
下記お問い合わせフォームからメールをお願いいたします。

お問い合わせフォームはコチラから